MPA(マウスピース)治療

顎を正常な位置にもってくることで顎関節症はよくなるようです。ただ、その正常な位置というのが問題で、よい先生でないとその位置はわからないようです。

 

実際にどのような治療をするかというと顎を正常な位置にあわせて、MPA(マウスピース)というもので固定をします。MPA(マウスピース)は形的にはマウスピースのようなものです。

 

使用方法は夜寝るときなど、できる限り長い時間装着して生活をします。マウスピースのようなものを口の中に入れたまま寝るのでは、気分が悪いのではと思うかも知れませんが、全くの逆で、僕はそれを入れているほうがぐっすりと眠れました。
顎がよい位置にくるように調整したMPA(マウスピース)でも、1ヶ月もするとあわなくなります。それは、顎がより正常な位置に動くからです。それに合うように1ヶ月に1回調整をします。それを半年から1年間繰り返すことにより、最後には顎が正常な位置にきて、調整の必要がなくなるようになります。

 

MPA(マウスピース)をいつまでも使用しながら生活をするわけにはいかないので、次に実際に歯を削ってかぶせたり、抜けているところにブリッジや入れ歯をいれたりすることによって噛み合わせを固定します。
うまくいけばそれで治療は終了ですが、常にMPA(マウスピース)をつけて、何年かに一度調子が悪くなると調整をするということもあるようです。

高反発マットレスと、高反発枕を使ってみた!

自分が心の底からオススメするマットレスと、枕です。
これは、自分もビックリするほど効果がありました。

顎関節症は、顎の歪みから身体が歪む場合と、身体の歪みから顎が歪む場合があります。
このマットレスと枕を一日使うだけで、身体の歪みが取れるのがわかると思います。

自分の購入体験記です。
↓ ↓
高反発マットレスと、高反発枕を使ってみた!

関連ページ

マッサージ
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
顎の体操
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。