6、続く治療

症状再発

最初に矯正治療の歯医者で説明を受けた、奥歯が低いからそれを治せばMPA(マウスピース)がなくても顎関節症の症状がでないなどというのは間違った理論で、そんなに簡単なものではないのではないかと思う。

 

奥歯を引き出すのに結局は1年半くらいの時間を使ってしまったが、その間にも症状は悪くなるばかり。
その治療が終わり矯正装置(ブランケットという)を上下の歯につけ、歯を移動させていく。最初の説明ではその時には顎関節症の症状はでていないということだったが、普通に以前の症状がでていた。

 

矯正装置をつけてから1年間は我慢できたが、ついに我慢できなくなり顎関節症の先生に相談をした。そこで、矯正装置をつけながらMPA(マウスピース)をつけるという治療をすることにした。

 

しかし、MPA(マウスピース)を付けているために歯の動きが遅くなるうえに、歯が動いてしまうのでMPA(マウスピース)の効果があまりでない。さらに1年後、MPA(マウスピース)をつけてこのまま治療を続けていても完治が遅くなるだけと思い、MPA(マウスピース)治療を辞めて矯正のみに専念することにした。

 

終わらない治療

そのころに今まで2年間矯正治療をしていた先生が突然その歯医者を辞め、別の先生に担当が変わることになった。運がよかったのか、今までが悪かったのか、その先生に変わってから急速に歯は動き、治療が進んでいると感じることができるようになった。担当がその先生にかわり半年、つまり矯正歯科に通い4年たった今が今日である。
ここまで治療が長引くと思わなかったので、4年前に奥歯を削って銀歯に変えるということを拒否し矯正をすることにしたのだが、20代が終わってしまった・・・。そして今も顎関節症で苦しんでいる。
心配なのは矯正治療が終わった時に以前よりも顎が悪化していて、以前のように簡単によくならないのではないか?ということであるが、今は初めてしまった矯正治療を途中でやめるわけにはいかない。

 

顎関節症サイトの製作
もし、早くに矯正が終わり顎関節症の治療も終わって全快していたら、このサイトをつくってはいなかったと思う。もしこのサイトが顎関節症で苦しんでいる人達に少しでも役にたてば、長引いている治療も無駄ではなかったと思う。

 

このサイトが少しでも顎関節症のみなさまに役に立つことを願います。
2006年8月8日

次へ

高反発マットレスと、高反発枕を使ってみた!

自分が心の底からオススメするマットレスと、枕です。
これは、自分もビックリするほど効果がありました。

顎関節症は、顎の歪みから身体が歪む場合と、身体の歪みから顎が歪む場合があります。
このマットレスと枕を一日使うだけで、身体の歪みが取れるのがわかると思います。

自分の購入体験記です。
↓ ↓
高反発マットレスと、高反発枕を使ってみた!

関連ページ

1、原因不明の数々の症状
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
2、僕の犯した過ち
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
3、やっとみつけた歯医者
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
4、効果があったMPA(マウスピース)治療
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
5、さらなる欲望
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
7、矯正治療断念
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
8、再MPA(マウスピース)治療
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
9、プラスチック治療
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
10、ワックスアップ
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
11、99%治療完了
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。