日常の癖

日常の癖で顎関節症につながるものは頬杖、寝相、うつぶせ寝、噛み方の癖などがあります。
特に成長期の子供においてこのようなことがあると悪い姿勢に適合したかみ合わせが完成してしまい、成人期以降の重大な病気につながるようです。

 

うつぶせ寝は小さい頃からですと、歯並びが狭くなり顎関節症になってしまうこともあるようです。
僕の場合、どうしてもうつぶせ寝になってしまう癖がありました。気をつけようと思いよい姿勢で寝に入るのですが、朝起きるとうつぶせ寝になっていていつも同じような方向に首を曲げて寝ていました。

 

解消法として、枕が重要なようです。 寝たときにできるだけ首がまっすぐになるような枕の形と高さを選ぶようにするのがよいようです。

高反発マットレスと、高反発枕を使ってみた!

自分が心の底からオススメするマットレスと、枕です。
これは、自分もビックリするほど効果がありました。

顎関節症は、顎の歪みから身体が歪む場合と、身体の歪みから顎が歪む場合があります。
このマットレスと枕を一日使うだけで、身体の歪みが取れるのがわかると思います。

自分の購入体験記です。
↓ ↓
高反発マットレスと、高反発枕を使ってみた!

関連ページ

噛み合わせ
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。
ストレス
「顎関節症の治し方」は顎関節症を治して幸せな生活を送るためのサイトです。患者の体験記、症状、原因、治療方法、治し方。